読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まったり白猫diary

何か形として残るものと想い、マイペースに更新していきます

2005年の有馬記念を思い出した

その年、圧倒的強さと単勝支持率で競馬界をリードしたきたディープインパクト。そのディープが年内最後に選択したレースが有馬記念です。ここまで無敗。しかもクラシック三冠馬。誰もが負けるはずがない。そう思っていた………………

レースはジャパンカップ二着のハーツクライがこれまでの後方からではなく先行策。好位から追い出したハーツクライにディープは差し切れずまさかの敗退、初黒星。

ハーツクライ鞍上はルメール騎手。ディープの鞍上は武豊騎手。

 

今日の有馬記念パドックからそんなことを思い出してました。

 

 

 

 

 

 

 

サトノダイヤモンド強かったですね(´・ω・`)完全にキタサンブラックは勝ちパターンのレース運びだったのに、ゴール直前で差し切られちゃいましたね。着差はわずかでしたけど、着差以上の地力の差を感じました(._.)